いつ飲むの?ビルドマッスルHMBの飲み方・使い方と摂取タイミング

 

話題のHMBサプリメント、ビルドマッスルHMB。その飲み方や摂取タイミング、正しい使い方をトレーナーの立場から解説します。

 

 

ビルドマッスルHMBの飲み方について【目次】

 

ビルドマッスルHMBの飲み方と注意点


 

ビルドマッスルHMBの飲み方ですが、メーカーの推奨どおり、水やぬるま湯で飲むと良いでしょう。水分なら何でも良いと牛乳やプロテインで流し込んでしまうと吸収効率が悪くなる恐れがあるので、基本的には水で飲みましょう。

 

1日の推奨摂取量は4粒ですが、最大8粒までは摂取しても大丈夫です。ビルドマッスルHMBに含まれているHMBの量は、4粒で1500mg。臨床実験によると、一番筋肉の増加量が認められたHMBの摂取量は1日3g。

 

それ以上摂取してもかえって効果が薄まるようなので、最大でも8粒までにしましょう。理想を言えば毎日8粒飲んだほうが良いのですが、それは一部のアスリートだけで十分だと思うので、基本的には1日4粒の摂取を心がけて下さい。

 

ビルドマッスルHMBを飲むタイミング


サプリメントには飲むタイミングがあり、いつ摂取するのかでその効果が変わってしまう事も多々あります。ビルドマッスルHMBの適切な摂取タイミングを知り、より効果的な筋トレに繋げましょう。

 

筋トレをする日のビルドマッスルHMB摂取タイミング

 

筋トレをする日であれば、トレーニングの前に飲むのがベストでしょう。メーカーでもトレーニング前、トレーニング中の摂取が推奨されていますが、HMBには筋トレで筋肉が分解するのを抑える効果があるので、筋トレ前に摂取することでその効力を発揮しやすくなります。

 

またその他の成分に関しても、基本的にはトレーニング前の摂取が効果的と言われているものが多いです。筋肉の分解を抑える効果があるBCAAは筋トレ前の摂取が有効ですし、成長ホルモンの分泌を盛んにする効果があるトンカットアリもトレーニング前がベスト。

 

僕の体感ではトレーニングの30分前くらいがベストかなと感じています。もちろん何時に食事したかとか、どんなものを食べたかとかで吸収スピードは変わってくるでしょうし、個人差はあると思います。

 

HMBに関してはベストな摂取タイミングがまだ明らかになっていないようですが、BCAAに関しては運動開始30分前〜40分前がベストというのが定説なので、一つの目安にしてもらえればと思います。

 

ただ、現実的にトレーニングの30分前の摂取が難しい場合もあるでしょうし、トレーニング中の摂取も推奨されているので、ジムに着いてから飲むという形でも良いでしょう。無理なく続けられるタイミングでビルドマッスルHMBを飲んでみて下さい。

 

筋トレをしない日のビルドマッスルHMB摂取タイミング

 

体を休めている間に筋肉は成長しますので、筋トレをしない日もビルドマッスルHMBを摂取したほうがより大きな効果が出るでしょう。筋トレをする日だけ飲んで節約するという戦略も否定はしませんが、せっかく筋トレをしているのだから効果を最大限に出したいですし、そんなに高いサプリメントではないので、ケチらず毎日飲むことを推奨します。

 

筋トレをしない日であれば、食後に小分けに取るのが理想的。なぜ食後かというと吸収効率が良いから。食事とビルドマッスルHMBが一緒に摂取されることで、ビルドマッスルHMBに含まれているアミノ酸やその他の成分が効率よく体内に吸収されます。

 

HMBは小分けに摂取したほうがその効果を発揮しやすいと言われていますが、毎食が難しければ夜にまとめて4錠という形で良いでしょう。飲み会等があれば別ですが、食後に一番ゆっくり出来るのは夕食でしょうし、サプリメントの飲む時間の確保も容易でしょう。

 

また、筋肉は睡眠中に作られますので、夕食のタイミングでアミノ酸を体内に入れることは理にかなっています。この場合も無理なく続けられる摂取方法というのが一番。寝る前に飲むのが一番継続しやすいならそれが正解でしょうし、飲みやすい摂取タイミングを探してみて下さい。

 

ビルドマッスルHMBの飲み方についてまとめ


 

筋トレをする日であればトレーニングの30分前、筋トレをしない日であれば食後に出来るだけ小分けに取るというのがビルドマッスルHMBの最適な飲み方です。せっかく購入した筋トレサプリ、少しでも身体にプラスになるように、飲み方に関しても出来る範囲でこだわっていきましょう。

 

>>ビルドマッスルHMBの効果を検証した本音の口コミ!