グルタミンとはどんなアミノ酸?

グルタミンとは体内で生成することが出来る非必須アミノ酸。

 

ボディビルダーなど、ハードにトレーニングする人が好んで摂取します。

 

グルタミンの効果

トレーニーに好まれるだけあって、筋トレする人にとってグルタミンは非常に効果的。

 

以下のような効果があります。

 

免疫力を高める

ハードなトレーニングによって披露すると、身体の免疫機能が落ちます。

 

その為、トレーニング後は風邪を引きやすいのですが、グルタミンの飲むことで免疫力を高めることが出来ます。

 

グルタミンは小腸の細胞の主な栄養源となっており、身体の免疫の60%以上が集中していると言われている小腸の機能を高めることで、結果として免疫力のアップが期待できます。

 

風邪やインフルエンザの予防のためにグルタミンを摂取するのも効果的ですし、僕の知り合いは風邪のひき始めにはグルタミンを大量に摂取すると言っていました。

 

体質にもよりますが、それで風が治ったりする人もいるようなので、季節の変わり目などには特におすすめです。

 

当然腸の調子が良くなるので、胃腸が弱い方、食べすぎてしまった時などにもおすすめです。

 

 

筋肉の分解を防ぐ

筋肉を動かすためにはエネルギーが必要ですが、そのためのエネルギー源の一つが筋肉内のグリコーゲン。

 

グルタミンはグリコーゲンの貯蔵量を増やす効果があるので、摂取することで筋肉には多くのグリコーゲンが蓄えられます。

 

つまりそれだけ多くのエネルギー源を確保できることになり、結果として筋肉の分解を防ぐことが出来るのです。

 

グルタミンの摂取タイミングはいつ?

免疫力が低下するのは主にトレーニング後ですので、筋トレ後のプロテインにグルタミンをトッピングする人は多いです。

 

また、トレーニング前やトレーニング中にも摂取して、筋トレでの疲労を事前に予防する場合もあり得ます。

 

個人的にはトレーニング後がベストなのかなと思いますが、そこまでの差はないと思いますし、ビルドマッスルHMBでまとめて摂取するのが効率的。

 

イチイチ細かくサプリメントの摂取タイミングを分けていたら面倒ですからね。

 

グルタミンも摂取出来るHMBサプリメントの詳細体験談