飲むと危険?ビルドマッスルHMBの含有成分の効果と副作用を解析

 

どんなに効果があるサプリメントでも、危険な成分が入っていたら摂取したくありませんよね。ビルドマッスルHMBに含まれている成分の効果と副作用の危険度を調べてみました。

 

 

成分名 効果 副作用の危険度
HMB 筋肉の分解を抑える効果と合成を促進する効果があると言われています。
BCAA 筋肉の合成促進と分解抑制効果が期待できまる必須アミノ酸の総称です。
グルタミン 疲労回復効果や免疫機能の改善に効果が期待できるアミノ酸です。
トンカットアリ 男性機能を高め、成長ホルモンの分泌を促す効果があると言われている成分です。
バイオペリン 代謝を上げる作用があり、脂肪を燃やすために効果的です。
フェヌグリーク 腎臓や胃腸の調子を整える効果や強壮効果があると言われています。
シニュリンPF 筋肉へのアミノ酸とグルコースの取り込みを強化する作用があると言われています。

 

過剰摂取を避ければ安全に飲めるビルドマッスルHMB

ビルドマッスルHMBには副作用の危険度が高い成分は含まれていませんでした。過剰摂取を避ければ、安全に摂取することが可能でしょう。主成分であるHMBの推奨摂取量は1日あたり3g。

 

それ以上飲んでも効果が薄くなってしまうため、ビルドマッスルHMBは飲めば飲むほど効果が出るという類のサプリメントではありません。何粒も飲むのではなく、1日4粒〜8粒の摂取に留めるようにしましょう。

 

妊娠中や授乳中の女性は要注意

ビルドマッスルHMBは健康食品なので、基本的には副作用の危険性はありません。ただし妊娠中や授乳中の女性は医師の診断を受けた上で摂取したほうが良いでしょう。

 

持病やアレルギーをお持ちの方も注意が必要ですが、多くの人にとってビルドマッスルHMBは安全に摂取できる筋肉サプリなので、特に気になることが無い場合は安心して摂取して下さい。

 

>>ビルドマッスルHMBの効果を検証した本音の口コミ!