クレアチンの効果と副作用を解説!筋肥大や筋トレには有効なのか?

ビルドマッスルHMBには含まれていないものの、筋トレをしている人には人気があるクレアチン。どのような効果があるのか、副作用のリスクがあるのかを解説します。ビルドマッスルHMBとあわせてクレアチンも摂取したいという人は参考にしてみて下さい。

 

筋肥大・筋トレへのクレアチンの効果

筋肉を動かすための唯一のエネルギー源であるATP(アデノシン三リン酸)。トレーニングを行うと、このATPが分解されて、ADP(アデノシン二リン酸)という物質に変化してしまいます。ところがクレアチンを摂取すると、ADPをATPに戻すことが出来るので、パフォーマンスの低下を抑えることが出来ます。

 

ATPが枯渇しにくくなるため、アスリートであれば短距離走のタイム向上やジャンプ力のアップなどのパフォーマンスアップが期待できます。筋トレのような最大筋力を発揮する運動にも効果的で、今まで限界だと思っていた回数よりも、さらに数回回数を伸ばすことが出来るでしょう。

 

また、筋肉中に水分を蓄えやすくなる効果もあり、より多くのタンパク質を筋肉内に取り込めるので、結果として筋肉が大きくなります。筋肉を増やすため、瞬発的なエネルギー発揮時間を増やすためにクレアチンは非常に大きな力を発揮してくれるでしょう。

 

クレアチンの副作用

クレアチンは健康食品ですし、食品にも含まれている成分なので、副作用の危険性は低いでしょう。過剰に摂取した場合は腎臓に負担がかかるとも言われていますが、1日5gの摂取であれば特に問題ないですし、ローディングをしたとしても5日間でクレアチン貯蔵量が満タンになるので、それ以上飲む必要性はありません。

 

過剰摂取するメリットがないので推奨摂取量を守って飲むようにしましょう。ただし、お湯に溶かさずに直に飲んだ場合はお腹が痛くなる可能性があります。

 

胃腸が丈夫な方であれば問題は無いのですが、不安な方はお湯に溶かして飲むようにした方が無難でしょう。少し手間はかかりますが、お腹の調子が悪くなるよりはマシだと思いますし、慣れてくれば5分もかからずに摂取できると思います。

 

またクレアチンには利尿作用があるので、トイレが近くなる可能性もあります。クレアチンを摂取すると体内で生成されるクレアチニンという物質がその原因なのですが、クレアチニンは腎臓でろ過されて尿として体外に排出されます。

 

クレアチンが腎臓に負担をかけるという説はこのためですが、適切な摂取量を守っていれば腎臓への負担も気にする必要はありません。トイレが近くなるということに関しても、ローディング期間中以外はそこまで気にならないと思います。

 

クレアチンの効果と副作用についてまとめ

クレアチンの効果と副作用について解説しました。筋肉を増やすためには非常に効果的な成分であるクレアチン。ビルドマッスルHMBにはクレアチンは配合されていませんが、別のサプリで補う価値はあると思います。

 

とは言え、飲みにくいサプリが多いの事実なので、まずはビルドマッスルHMBを購入して体つくりをスタートさせてみましょう。

 

>>ビルドマッスルHMBの効果を検証した本音の口コミ!