BCAAとはそもそも何者?

BCAAとはバリン、ロイシン、イソロイシンという必須アミノ酸の総称です。

 

『Branched Chain Amino Acids』の頭文字を取ったもので、日本語に訳すと分岐鎖アミノ酸。

 

分子構造が鎖状になっていることからこの名前が付けられました。

 

BCAAの効果

タンパク質を構成する必須アミノ酸の約半分がBCAA。

 

早い話が筋肉の元となる物質です。

 

主な働きとして、運動によって筋肉が分解するのを抑える働きと、筋肉の修復を促す効果があります。

 

 

筋肉の分解を抑える

筋肉を動かすためにはアデノシン3リン酸(ATP)という物質がエネルギー源として必要なのですが、このATPを生み出すために筋肉中のアミノ酸やグリコーゲンが使われます。

 

BCAAを摂取することで、筋肉から使われるアミノ酸の比率を下げることが出来るので、結果として筋肉の分解を抑えることが出来ます。

 

筋肉の分解を抑えるためには運動前、運動中にBCAAを摂取するのが効果的です。

 

筋肉の修復を促す

BCAAは運動によって減少してしまった筋肉を修復する効果があります。

 

筋肉の原料となるだけでなく、筋肉を修復させるためのスイッチとしての働きもあり、運動直後の摂取が有効です。

 

BCAAの摂取タイミング

上記のように、運動前、運動中、運動後の摂取が効果的なBCAA。

 

ボディビルダーがトレーニングの合間にBCAAを摂取しているのはジムで良く見かける風景ですが、現実としてそこまでするのは難しいのでは無いでしょうか?

 

そこで、運動前に当サイトでおすすめしているビルドマッスルHMBを摂取するのはいかがでしょうか?

 

BCAAの中でも筋力アップに効果的だと言われているロイシン。

 

そのロイシンから抽出されるHMBを直に摂取することで、より効果的な筋力増大効果が見込めます。

 

詳しくはこちらのページからご確認下さい。

 

BCAAも含まれているHMBサプリメントが500円でお試しできる公式サイトを紹介!